WhatsApp セキュリティ

受け継がれるプライバシーとセキュリティ

WhatsAppは開発当初から、友人とつながること、自然災害下の重要な情報源となること、離れ離れになってしまった家族と再会すること、またはより良い生活環境を追求することの一助となることを目的としてきました。人生の最もパーソナルな瞬間がWhatsAppで共有されているからこそ、最新版にはエンドツーエンド暗号化を導入しました。エンドツーエンド暗号化により、メッセージ、写真、動画、ボイスメッセージ、ドキュメント、コールが他者の手に渡ることを防ぎます

デフォルトとしてのセキュリティ

WhatsAppのエンドツーエンド暗号化は、ユーザとメッセージ相手の双方がアプリの最新版を使用していれば適用されます。多くのメッセンジャーアプリが、ユーザとアプリ間のメッセージしか暗号化しませんが、WhatsAppのエンドツーエンド暗号化はあなたと連絡相手しか送信した内容を読むことができません。その間にいる者は、たとえWhatsAppでも、読むことができません。その理由は、メッセージはロックで保護されていて受信者しかそのロックを解除する特別な鍵を所有していないからです。さらに保護を強化するために、各メッセージに特有のロックと鍵が与えられます。これらはすべて自動で適用されます。メッセージを保護するために設定を切り替えることも専用の極秘チャットを開設する必要もありません。

気軽に話そう

WhatsAppコールでは、国境関係なく友人や家族とおしゃべりすることができます。 メッセージのように、WhatsAppコールはエンドツーエンド暗号化され第三者は聞くことができません。

メッセージを手元に

自分のメッセージは自分の手元にあるべきです。だからこそWhatsAppは、配信し終えたメッセージを会社のサーバに保管しません。もちろん、エンドツーエンド暗号化により第三者に読まれることもありません。

体験しよう

WhatsAppでは発信したコールや送信したメッセージがきちんとエンドツーエンド暗号化されているか確認できます。連絡先情報またはグループ情報にある表示を探してください。

詳しく知る

Open Whisper Systemsとのコラボレーションで開発された、WhatsAppのエンドツーエンド暗号化について、より詳しく技術的にご紹介 しています。